秩父 15番 少林寺

2020年 06月 16日

住職の活動

秩父観音霊場の15番 少林寺さんへご挨拶に伺いました。

モダンな本堂ですが、中は純然たる本堂の佇まい。

新型コロナのステイ中に住職自ら作った竹の塀

キープディスタンスを意識してお話ししてきました。本堂の入り口には、千社札の名残が。

最近は、千社札はお断りしているそうですが、

有名な方の札もありました。

巨人大鵬卵焼きの大鵬さんとか、大山のぶ代さんとか。


秩父事件殉職警官の碑

観音霊場、牡丹園拝観、兼務している清雲寺の枝垂れ桜と、お忙しそうでしたね。

秩父は、観光産業的には、単価が高いんだそうで、京都とさほど変わらないそうです。

今回の目的は、教育者の大竹稽さんの付き添いで、夏休みに都内の学童を連れてくる算段に来ました。

清雲寺

お寺体験は清雲寺さんで行うそうです。枝垂れ桜は、とても大きかったです。

帰りに金仙寺さんへ。

能満寺と同じ禅興寺末の金仙寺さん

古文書で禅興寺のことが分かんないかと、蔵にて思案する。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。