鎌倉名刹の〆縄

2020年 12月 09日

建長寺

鎌倉の建長寺修行専門道場から藁(わら)を取りに来ました。

毎年恒例のことで、35年くらい続いています。

檀家さんの増井スエ子さんが、ビニールハウスに保管して頂いてる藁をトラックに積み込みます。

この藁は、修行僧が12月24日に〆縄を作るために利用します。

そして、出来上がった〆縄は、修行道場は勿論、鎌倉の名刹へ届けられるのです。

三ノ宮の藁が鎌倉で皆様の信心に応えているのですね。

長くよった物は寿福寺さんの鐘楼にかけられます。

とても、ありがたいことです。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。