飯島邦造翁 伊勢原市50年

2021年 06月 17日

未分類

先日、飯島家の親戚の信之さんがお見えになられました。

飯島邦造翁は、伊勢原市の名誉市民に初めて推挙された伊勢原町収入役として町から市政へ移行する功労者です。

その邦造翁の弟が能満寺の2代前の住職、雨山和尚です。現住職の祖父になります。

「なんで、私がお寺に養子に出されたんだ。」と邦造兄に言っていた時もあったという雨山和尚は、51歳で遷化しました。

驚くことに、この度信之さんがその時の写真があると持ってきてくださりました。

中央右側眼鏡の男性が飯島邦造翁。真ん中で正座しているのは、中学教員なりたての先代明也和尚。他家族と飯島家の方々。

写真から、大きな支えをいただいていたことが伝わってきて、ありがたく思います。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。