巡教 12日目 如宝寺③

2016年 04月 30日

未分類

最終日となりました。

防犯上、予定を書けなかった訳ですが、如宝寺さんの法要は、とても綿密です。

このようになっていました。
image

今日は、粥座の後、お近くの建仁寺派寺院、普賢寺さんをお参りする事になりました。

海の近くに峨眉山と書いた看板が見えてきます。

中国の峨眉山は、普賢菩薩の霊場です。

普賢寺さんの境内には大きな山門と、いくつものお堂が立ち並びます。山門は瓦のメンテナンスの為、足場が掛けられていました。

玄関に声をかけると、副住職さんは、さっき出たと言われます。

行き違いになってしまったかと、お暇を申し上げると、少し上がって下さいと応接間に通されました。

股関節を悪くして、杖をつかれた、住職が迎えてくれました。

少林寺拳法の道院長もされてるそうです。
その事で話が弾みました。

この普賢寺さんには、雪舟の作った庭があります。副住職さんが戻られて案内していただきました。

奥に滝を模した石組みがあり、
静かな庭に鯉魚石が頭をもたげてます。

如宝寺さんに戻って、永代供養施餓鬼の導師、法話、満散施餓鬼の導師とこれで、この教区の巡教も終わりです。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。