アンコールワットとアンコールトム

2017年 10月 28日

未分類

1日目は、到着して21時半なのでそのままホテルへ直行。ホテルからお迎えの人が待っていてくれました。

2日目は、アンコールワットの周りの遺跡を散策。

4:30にロビーへ集合なのですが、数名のスタッフがロビーで待機してくれてました。
(半分寝てましたが。)

バスの中には、他のホテルからピックアップされた、ツアー仲間が乗っています。

こんな時間に、チケットを買いに行くというので、行ってみると朝から列をなしてチケットを買う人が居ます。

image

アンコールワットのアンコールトムも、近い遺跡は全て、このチケットで入れます。

37ドル(1日券)

真っ暗の中、進むとキャンプ用の大きなジャグを繋げた様な橋が現れ、チャプチャプ音を立てて数百人の人を渡して居ます。

真ん中の道が修理中なので、仮設の橋ですが、遺跡の保護には、良いと思いました。

朝日を待つ人は、1000人以上でしょうか。

アンコールワットの前の池に集まって居ます。

image

残念ながら朝日は見れませんでした。

ホテルで朝食を済ませて、9時に再び集合。

西向きのアンコールワットは、逆光になるので、午後に行くことが常識らしく、先にアンコールトムへ。

都の中心だった場所です。
ちなみに、アンコールワットは、王様のお墓。

image

いつの時代も、力仕事は象さんです。
感謝感謝。

たくさんの石は、象が運んだので、入り口にも頭が3つの象が彫られてます。

image

仏教とヒンズー教とが混在するので、仏像があれば仏教と言った状況です。

image

建物の中に7メートルの仏像がありましたが、外に出して、他の場所でお参りできるようにしているそうです。

その場所には、60センチくらいの仏像があり、みなさん熱心にお参りされてました。

image

お昼は、カンボジア料理。
食べやすくて、とてもお腹に良さそうです。

午後は、スーパーに寄ってアンコールワットへ。

image

シュムリアップの街は、観光に便利なものが、まとまってあります。

image

バナナは吊るして保存を励行!

image
第3回廊から見た、中央の塔。

第3回廊まで45分と言う看板を見つけて、混んで居る時を想像しました。

今回は3分くらいの待ち時間でしたが、炎天下で45分はきついでしょうね。

image

この頃から外は、大雨に。
階段が外で急なため、結局20分くらい第3回廊に足止めとなりました。

夕日も見に行ったが見れず、ダンスを鑑賞しながら食事をいただきました。

このツアーはサザンブリーズという会社で、食事込みで4000円くらい。
とてもお得なツアーでした。

ちなみに、一緒に行った文ちゃんの万歩計は18000歩でした。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。