法話大会 建長寺

2016年 11月 05日

住職の活動

今日は、建長寺の法話大会でした。

image
image

テーマは「白隠禅師」

江戸時代の日本臨済宗中興の祖と言われている和尚さんです。

来年で亡くなって250年の節目の年となります。

地獄に行くのが怖くて、修行に出たのだけど、地獄も仏も自分以外にないという事を悟られました。

時代は江戸時代、念仏で極楽という見たこともない世界に行くことが死後の安泰だと信じられていた時代に、正に今、この自分こそが極楽だと言い切った白隠禅師の優しさに、感謝しなくてはなりません。

image
帰りに見えた富士山

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。