台湾 地震の恩返し

2018年 03月 07日

未分類

東日本大震災の時に、台湾から他国よりも多くの義援金が贈られました。

それ程までに、日本を気にかけてくれている台湾への恩返しをしなくてはなりません。先日の花蓮の地震で客足が遠ざかっている、まさしくその花蓮へ行って来ました。
いつものごとく弾丸ツアーでしたが、行きたかったところは回れました。
花蓮に着くと、駅前でレンタルバイクのお店が目に付きます。
10軒どころではありません。
それだけ観光地ということだと思います。
試しに寄ってみると、ライセンスを出すように言われます。
あいにく日本に置いて来てしまったので、日本の免許は忘れたと言うと、、、、
ちょっと待てと言うではないですか。
1本電話すると同業他社の人が。
他のお店のオーナーの様です。
このオーナーの一存でレンタルバイク(電動)を貸してくれるようです。
ちょっとリスク代をとって、800元
タクシーが8時間貸切で2500元だったのでオーケーを出しました。
かりに国際免許を取って来ていたら250元だったようです。
2400円くらいで1日バイクが乗れると思えば、良しとしましょう。
しかし、それにしても、このバイク屋さんも、どこもお客さんは少なそうです。
IMG_4863
IMG_4905


IMG_4851
最初の目的地は慶修院
真言宗の寺でした。
日本人入植当時にできた布教所。
小さいけど綺麗なお堂でした。

IMG_4856

IMG_4861

IMG_4865
日本を感じるアイテムがいっぱい!!
IMG_4864

お百度石は、うちの前の三ノ宮橋と同じ昭和3年の建立。90年以上前か!
IMG_4872
いたるところに、日本統治時代の説明があります。
IMG_4876

IMG_4884
IMG_4885
休館で入れなかった明治時代からの鉄道文化を展示する区域。
松園別館
日本軍の施設。
景色の良いところに建っています。
特攻の舞台にもなっ建物。
防空壕は今でも入れます。
そこには特攻で散って行った兵士の写真と凄まじい戦闘の様子が!
事実を私情を挟まず説明する良い例の様に思われました。
両国共に守るべきものがあった事が事実として伝わって来ます。

IMG_4886

IMG_4887

IMG_4888

観光には全く問題がありませんも。
まだ観光客は戻って来てないようです。
台湾でも、しつこく地震の建物のことを報道しない、としており、事実、被害は限定的な様です。
そして何より、明治の遺構が復元されていたるところに点在しています。
入植の苦労と開拓の精神が台湾の方々に評価されている印だと思います。
どうか皆さん、花蓮へ足を運んでください。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。