本堂建設 伽藍神 祠山張大帝

2019年 01月 10日

未分類

蘭渓道隆禅師の来日のきっかけとなり、伽藍を守る神さまとしてお祀りされている張大帝を、能満寺の本堂新築にあたり、お祀りすることにしました。

安徽省の祠山寺には、お祀りするお墨付きを申請中ですが、像は着々と完成に近づいてます。
IMG_6307

IMG_6308

IMG_6309

IMG_6310
玉眼で総丈60cmくらい。
本場の中国から、はるばるお越しになられます。
これまた、完成が楽しみです。
祠山張大帝

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。